TOP

見出し別によくある質問を掲載しています。

そのほかでご不明点等ございましたら武内容器HP「お問い合わせ」よりメッセージお願いいたします。

FAQ 会社やサービスについて

会社やサービスについて

Q 武内容器とはどういう会社ですか?

化粧品容器・薬品容器・食品容器を企画・製造・販売しております。樹脂成型品・金属加工品・硝子成型品・紙器等様々な素材・品目を扱っております。

武内容器HPサイト(左記リンクは別タブでジャンプします)

Q 扱い品目は?

例えば、化粧品容器ならサンプル容器から業務容器までの各種素材容器があります。その他業種の容器も含めて多岐にわたり取り扱っております。詳しくはこちら

Q 小売はしているのですか?

当社は製造販売及び卸売りが基本となっております。但し数量等諸条件によっては可能な場合もございますので、まずはお問い合わせ下さい。又、100個から対応可能な容器を揃えた「セレコス容器」のコーナーもございます。

Q どのようなコスメ容器を取り扱っていますか?

当社のコスメ容器(化粧品容器)は基礎化粧品(クリーム、化粧水、洗顔、クレンジング、乳液、美容液等)をはじめ、メイクアップ化粧品(コンパクト、アイメイク、パウダー等)や、最近ではネイル関係(ネイルジェル、ネイル美容液)の取扱も増えています。材質はプラスチック、ガラス、アルミなどの金属、紙など多種の取扱いをしております。尚、商材によっては在庫対応品と受注生産対応品がございますので、営業又はホームページより都度お問い合わせください。

Q ショールームはありますか?

大阪本社(最寄駅:地下鉄谷町六丁目)及び東京支店(最寄駅:JR四ツ谷、地下鉄四ツ谷)に事務所があります。

併設でショーケースに取扱商品及び商談スペースを用意しています。

ショールームについて ※事前予約制となります。

 

Q 貴社のホームページに出ていない容器でも探してもらえますか?

当社は関連業界との深い繋がりがあります為、是非ご相談下さい。

Q 環境問題について御社の考え方を聞きたい

これからも容器と環境問題の課題は武内容器にとっても重要課題と考えています。リサイクルおいて推進されている「3つのR」としてリサイクル(Recycle)・リデュース(Reduce)・リユース(Reuse)がありますが、さらにもう一つのRとしてリサイズ(Resize)を提唱しています。リピート購入前提であれば容量を増やすことで回数が増えるごとに実質の容器材料を削減することができます。販売者側から見るとハードルが高くなりますが、コアなリピーター(顧客ファン)がいればこそ可能な方法です。

容器包装の識別表示に関するQ&Aについては以下ご参考ください

 出典:経済産業省ウェブサイト https://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/02/faq.html

Q CS、LN以外の商品でのケース単位から販売していただけるのでしょうか?

商品によって異なります。ご相談下さい。尚、在庫対応品の『セレコス容器シリーズ』は小ロット対応が可能な品ぞろえとなっています。また100個から1000個未満であれば100個単位(付属品セット販売)購入可能な化粧品容器の品揃え『コスメ容器ドットコム』及びサプリメント容器や販促容器の品揃え『サプリセレクションプラス』を運営しております。

Q 小ロットでも対応してほしい。

当社の『セレコス容器シリーズ』は小ロット対応可能です。既存色であればケース単位からの注文を受け付けます。指定色への着色や、印刷等の加飾、その他の容器につきましても最大限努力させていただきます。

Q シュリンク、ホットスタンプなどの加工については、部材支給での対応はしてくれるのでしょうか?

原則加工のみは承っておりませんが、条件によってはご相談いたします。

Q セットアップは出来ますでしょうか?

最終のセットアップは行っておりますが、各業界及び法規によってセットアップの条件も異なります。別途お問い合わせ下さい。

FAQ 営業・その他業務対応について

営業対応について

Q ○○○な容器をさがしてほしい。

当社は自社オリジナルの容器以外にもさまざまな容器を取り扱っております。分野も化粧品、食品、医薬品ほかさまざまな分野の容器をご用意できます。素材についてもプラスチック、金属、紙、軟包材などさまざまな素材の容器をご用意します。大阪本社にパッケージングギャラリー(東京支店にもショーケースを併設しています)を開設しておりますので、お越しのうえ手に取りご覧になってもいいかと思います。

Q 100個から1000個未満のお見積希望の問い合わせについて

コスメ容器ドットコム』の商品のURLを記載してメールを返信しております。コスメ容器ドットコムはクレジットカード決済ができるようになりました(2021年8月現在)。100個から1000個未満の場合はどんどん案内しております。

Q 品質保持にはどのような対応をしているのか。

目視による全数検査を基本としています。また商品によっては抜き取り検査を行う場合がございます。尚、抜き取り検査に関しては工業規格を用いた抜き取り方法を実施しております。

品質管理室のご紹介 ←(youtube動画でご紹介しています)

Q 注文方法を教えてほしい

通常のご注文方法は以下の方法がございます。

1:営業対応でのご注文について

 ご注文につきましては受注ミスを防ぐため口頭注文は受けておりません。

 FAXまたはmailにてご注文を受け付けております。詳細については担当の営業までお問い合わせください。

 また注文書のフォーマット(書式)をお持ちでない場合、弊社フォーマット(エクセルまたはPDF)もございますのでお問い合わせください。

2:販売サイト(コスメ容器ドットコム及びサプリセレクションプラス)でのご注文について

 各サイトの注文方法に沿ってご注文ください。

Q 納期について

基本的には在庫品であれば1週間以内に納品可能です。在庫がない場合は受注生産となる場合があり、リードタイム(納期)が必要になります。リードタイムについては商品・仕様によって異なりますので都度ご相談ください。

尚、特注品や在庫対応製品ではない場合も同様にリードタイムが必要となります。

Q 納期を短縮したい。

当社の『セレコスシリーズ容器』は既存色を十分に在庫しております。これをベースに加飾をするのが一番短縮できる方法となります。またホットスタンプなどの設備もございます。

FAQ カタログ テストサンプルについて

カタログ テストサンプルについて

Q 資料(カタログ)がほしいのですが?

お問い合わせ』で資料請求して頂くか、TEL又はFAXにてカタログの請求をして下さい。

Q 商品詳細がわかる資料はありますか?

カタログ以外にもシリーズごとの詳細チラシもございます。またHPでも各商品チラシのダウンロードページもございます。HPに掲載されていない新商品等もございます。ぜひお問い合わせください。

Q サンプルが欲しいとのお問い合わせについて

商品サンプルは1度に3セットまで無償で提供いたします。但し、送料のみ貴社ご負担のヤマト運輸着払いでの発送となります。予めご了承ください。

Q 内容物テストはした方が良いのでしょうか

容器には内容物との相性、使用環境における相性の他、充填条件や使用感等、たくさんの条件をクリアする必要がございます。テストサンプルの対応は可能となっておりますので必ず適正確認を実施いただくようお願いいたします。

Q 内容物の相性について

内容物によっては容器と相性が良くない場合がございます。内容物の起因による不良については責任を負えません。商品サンプルにて内容物の相性確認テストの実施をお願いいたします。

FAQ  商品について

商品について

Q どのようなクリーム容器があるのでしょうか?

クリーム容器のシリーズとして当社オリジナルのCSシリーズ、LNシリーズ、LNPシリーズ等を取り揃えております。

また当該容器以外でも形状等ご相談いただきましたらご提案いたします。イメージする商品や形状のリクエストが明確であれば、ご提案可能な商材を探すこともできます。

Q どのような化粧水容器があるのでしょうか?

化粧水シリーズとして当社オリジナルのボトル各種ございます。MUBオーバルボトルシリーズ、LNBボトルシリーズ等を取り揃えております。

また当該容器以外でも形状等ご相談いただきましたらご提案いたします。イメージする商品や形状のリクエストが明確であれば、ご提案可能な商材を探すこともできます。

Q 掲載されている商品の価格を知りたい。

加飾やロット等によって価格条件が大きく変わります。

尚、100個単位で購入できる『コスメ容器ドットコム』『サプリセレクションプラス』であれば100個単位の目安価格を確認いただけます。LOTが1000個以上になる場合は都度ご相談ください。

初めてのお問い合わせの場合、メールフォームでも受付しております。

Q チューブの最低ロットと納期について教えて欲しい。

条件によって違うが、基本ロットは着色で5000~が一般的です。納期は協力メーカーによって代わります。納期は仕様決定後概算で約2ヶ月ほどかかります。リピートの場合は納期短縮いたします。弊社は多数のチューブメーカーと協力関係にあり、大ロット~小ロット(条件によっては)までご相談可能です。当社の在庫対応品『レコス容器シリーズ』では100本~対応できるチューブ容器「TYW多層チューブ」等をご活用いただくことができます。

FAQ  商品づくり、商品選定について

商品づくり、容器の選定について

Q クリーム系はどんな容器に入れればよいですか?

クリームジャー容器が適切ですが、粘性によってはエアレス容器等も人気です。

Q 初めて化粧品をつくろうと考えているが、充填を含めてプロデュースできますか?

弊社の取扱は化粧品容器となりますが、業界内での充填メーカーの紹介等も含めてご相談いたします。

そのほかにも容器で困っていることがございましたら、どうぞご相談下さい。

Q 環境に優しい容器はあるのでしょうか?

オリジナル型を作成して、生分解樹脂や植物由来樹脂(ポリ乳酸樹脂)を使用し作成することは可能です。

Q パール感のある高級な容器がほしいのですが?

当社の容器はパール調やメタリック調の特徴のある差別化したご提案が出来ますので是非お問い合わせ下さい。

Q オリジナル型はできるのでしょうか?

用途、形状、内容物などの希望をお聞きした上でボトルを設計しオリジナル型を作成いたします。

Q 容器をゼロからつくりたい。

素材によっても金型を含め投資コストが変わるため、具体的な案をご提示いただければ、デザイン・試算含めてお打ち合わせいたします。

Q 容器モデルをつくってほしい。

当社はお客様がご希望される容器の形状をお伺いし、プラスチックを切削加工してモデル提案させていただきます。容器の大小の区別なく作成可能です。

Q どのような容器を選定すればよいのでしょうか?

容器を選定する段階で最も重要なことは以下のようなことがあります。

①内容物との相性及び仕様勝手⇒材質や形状、充填条件など様々な条件をクリアする必要があります。

②形状について⇒イメージに近い容器があればベストですが、①の条件が整わないと使用できないこともあります。

③希望ロット数と納期⇒容器の生産にはリードタイムがかかるものもあります。開発に至るまでのスケジュール感は事前に確認することが重要です。又、希望する数量と生産にあたって最低必要数量が合致しているか?も事前確認が必要です。

④加飾や仕様について⇒容器への印刷やホットスタンプなどの加飾や蒸着加工等をご検討の場合は、当該加飾への必要リードタイム、最低必要数量を確認する必要があります。またその加飾と内容物の相性確認も事前にしておく必要があります。

以下リンクサイトでも化粧品をつくる際の容器選定の注意事項が掲載されています。その他化粧品に関する情報も掲載していますのでご覧ください。

出展 JCIA(日本化粧品工業連合会) 「中身を守るー容器ー」(https://www.jcia.org/user/public/knowledge/explain/container)

Q 容器の値段について知りたい

容器の価格は①仕様条件②ご希望のLOT数(必要数量)③送付先(運賃)等様々な条件によって変動いたします。

また市場には国産品と輸入品が多種類あるため、見た目が同じようでも価格が異なるものもあります。

容器を選定する際、ポイントは様々ありますが、目標販売設定(可能であれば総額又は総数)を決め、コンセプトを決めていくことが重要となります。

そこから、検討すべき容器に投資できる予算(商品単価ではなく総額予算)を試算し、容器選定していくことが早道になります。

形状を優先し、豪華な仕様が気に入ってしまっても予算がオーバーし、低単価のものを探した結果、機能面で劣ったものを採用してしまい、トラブルが発生することはメリットがありません。予算と商品イメージの釣り合いを決めていくことがとても重要です。

FAQ 印刷等加飾について

印刷等加飾について

Q 容器に印刷するデザイン一式をお願いしたいのですが?

外部デザイナーとの打ち合わせ等含めて、お打合せの上、デザインから加飾までトータルでご提案させていただきます。

Q 容器にグラデーションのデザインを施したいのですが?

グラデーションをする場合には①シュリンクフィルムにカラー印刷をしたフィルムを造り、容器にシュリンクを被せて熱をかけて収縮させるもの②容器にグラデーション塗装をする場合があります。加飾については内容によって回答が変わりますので都度お問い合わせください。

Q ○○○容器にデザインを入れたいのですが?

簡単なイメージが分かりましたら、デザイン化してご提案させていただきます。デザインを一から作成する場合はデザイナーの紹介等も可能です。

Q 作業場での写真が掲載されていたのですが、ボトルやCAP注文の際に印刷やホットスタンプ、及びシュリンク加工についても併せてお願いすることは可能ですか?

可能です。容器によって加工方法なども変わりますので、都度ご相談下さい。

Q 容器に印刷やホットスタンプ等の加飾がしたい。

当社ではさまざまな加工のニーズに応えるべく種々の加工が可能です。まずは「カスタマイズ」のページをご覧になってご希望の加工をお探し下さい。リストにない加工もございます。

弊社ブログ参考

シルクスクリーン印刷・パッド印刷 シルクスクリーン・パッド印刷ガイドライン

ホットスタンプ 容器の加飾について(ホットスタンプ加工は奥が深い)

FAQ 容器の用語について

容器に関する用語はなかなか一般的には聞かない言葉も多いです。以下について詳細説明が必要であればお問い合わせください。

容器の用語について

Q インジェクション成形(射出成形)とは

特徴 樹脂容器において主力の成形方法。
・金型費用が高価、複雑な金型構造

・多数個取り (1回の成形で生産される部品の数量) を基本とし、大量生産に向いている成形方法。

・様々な材質の樹脂を使うことができ、用途に合わせた複雑な形状も作成できる。(但し形状の制限もある)

容器では様々なパーツで使用される成形方法 例)CAP、クリームジャー、中栓、ディスペンサー各パーツ、内面が面一になるボトルや筒(金型より抜き出せる形状)、柄や棒状のパーツ(スパチュラや筆の柄)、コンパクト各パーツ

Q ブロー成形(中空成形・ダイレクトブロー)とは

特徴 樹脂ボトル容器において主力の成形方法

・金型費用が比較的安い、シンプルな金型構造。

・一般的なボトル容器はこの成形方法が主力。

容器ではおもにボトルを生産している。ボトル表面への形状加工が比較的容易なため、多面体のボトルや球状のボトルなど多彩な容器をつくることができる。

Q インジェクションブロー成形(2軸延伸ブロー成形)とは

特徴 大量生産型に向いている樹脂ボトル容器の成形方法

・金型費用及び設備費が高価。プリフォーム(ベース型)を利用すると比較的安価にボトル型を作成することができる。

・大量生産に特化した機械が多く、数量が見合えばコストダウンにもつながる。

・2軸延伸(吹込工程)で3次元的に樹脂を伸ばし成型する為、ダイレクトブローに比べ均一な肉厚に仕上げることができる。

Q ネジCAPと嵌合(かんごう)について

嵌合(かんごう)とはネジ同士の嵌め合いのことをいいます。

●一般的な知見
・嵌合の良し悪しで容器の性能は著しく変わる。

・ネジにはピッチ(ネジ山同士の間隔)と巻き数、ネジ山及びネジ谷、本体のねじ山外径とCAPのねじ山内径の差を測定するとある程度嵌合適性がわかります。

・同じ材質同士の嵌合は摩擦が発生しやすくCAPを締めるときに音鳴りする場合があります。

・ネジピッチが合っていない、ネジ山(谷)が合っていないと液漏れなど発生する場合があるので注意が必要です。

・ネジは斜めに回転していくことにより強力な力を発生させるが、最終的に密着する際、パッキンなどのクッションが無ければ斜めに入った状態を維持し、閉まったように見えても隙間が発生する場合がある。この隙間を埋めるのがパッキン材です。

 ・パッキン材は内容物及びCAPの形状、本体の首高に合わせた厚み・材質を選定する必要があります。

Q 満注容量と入り目・目安容量

一般的な既成型の容器には「○○○-150」のような品名がついています。「150」は目安容量を名称に記載していることが多いです。

満注容量(O.F.)とはポンプや中栓をセットせず、水を口部天面まで満量入れた状態(擦切りいっぱい)のことを表します。

入り目とは実際に内容液を入れた状態の液の高さを表す。薄肉成型品の場合気温変化によって容器が変形し入り目高さが変わる場合もあります。

目安容量は推奨される入り目高さまたは内容量で設定するのが一般的です。

Q その他 容器に関して使用されるワード

・オーバーCAP 主にディペンサー(スプレーやミスト等、ポンプともいう)やCAP・スポイト等を外側より被せて保護するためのCAP。

・トップCAP ディスペンサーのスパウト部(ボタン)の誤作動を防ぐための保護CAP。オーバーCAPのようにネジ部まで保護していない。

・ワンドロップ 一回のプッシュで適量が吐出できる機構のディスペンサー。国内では0.2/0.5/0.7/1.0/2.0/3.0/5.0mLの吐出量が一般的です。

・ミスト 1回のプッシュで霧状に吐出される機構のディスペンサー。指で垂直に押すタイプと、レバーを引くトリガータイプがあります。用途によって様々な吐出量のディスペンサーがあります。

・テーパー 細長い容器で先細りした形状のものを表す。円錐や角錐の容器を表すときに使う。逆テーパーは底部が細くなっている形状。

・オーバル 楕円形状のこと。メール便対応の容器等でオーバル形状も人気が出ている。

・内圧 特に樹脂容器で発生する現象。夏場や冬場の温度変化において、内用液の入った容器が膨れたりしぼんだりすることがある。容器内の空気が膨張・縮小するときの空気圧力のこと。内圧が高いと容器が膨らみ、容器が変形し液漏れの原因となる場合がある。

・ロット 生産単位の数量を表すが、必要数量としての条件を表すときにも使用する

・着色 色を付けることだが、樹脂容器においては樹脂原料に顔料を煉り込んだものを熱で溶かして成形を行う方法をいう。樹脂容器に着色せずにカラーリングを行う方法としては塗装や蒸着という方法がある。