先日スーパーで購入した「そら豆」ですが、このパッケージごとそのまま電子レンジ調理ができるというとても面白い発想の商品を見かけました。透明なパックをそのまま電子レンジ調理するということに驚きました。

そら豆レンジ対応

この透明のパッケージの材質はPP(ポリプロピレン)です。PPは樹脂の性質上透明感が出にくい(白濁する)のですが、近年シート状の成型品を中心にかなり透明度を増したものが研究されています。

スーパーのお惣菜のパックなどは透明性を上げ、より薄く丈夫なシート成型で包材原価も低減するためPS(ポリスチレン)系の材質を使われているのが一般的です。しかしPPに較べると耐熱性で劣ります。お弁当のように温めるだけならまだしも加熱調理になると樹脂の材質によって適さないものもあります。容器業界に携わっているとどうしてもPSの製品が多数を占めるため「惣菜のパックは電子レンジで直接調理するとパッケージが変形してしまうのが当たり前」という既成概念を持ってしまいがちになります。

電子レンジを想定した場合PPという材質が有利なため、この商品にも使用されています。

容器業界に携わっていると既成概念が強くなってしまい、既に容器やパッケージとして存在していることを知っていても、実際の商品化への発想が思いつかないこともあります。

 

生活環境によって分かれるところかも知れませんが、忙しい毎日の中で「そら豆」を鍋を使って茹でる手間と、電子レンジでチンする手間と比較した際、ちょっとしたパッケージの工夫でお客様の選択肢を増やすことができるのですね。

 

容器を提案していく業者としても非常に勉強になる商品でした。